Wooden Architekture Cultural Center
  wacc 独自の視点による建築・文化情報


1.産業道路に分断された家老屋敷の悲劇
         −−−見落とされた津和野の文化遺産−−−

                                          十代田 知三
   
                                      

 

                殿町通り:かつて家老級の武士達が居を構えていた。遠景中央は城山

 
  多胡家表門:左右は番所(展開図的になってい)る 右端は隣家
 玄関から表門を見る:横断する道路  表門から玄関を見る:横断する道路
 
二階建奥座敷と池:屋根の軒の出が深い
 
二階奥座敷より三本松城を望む

    

 
二階奥座敷:南面外観
城山(三本松城址)と相対している
 一階奥座敷:優雅な数寄屋風
床廻り。洒落た違い棚
 
二階小屋組:太くて長い桔木が深い軒を支えている
 
芝居絵の桃井若狭助
 
池の鯉



                  本稿は(社)建築振興協会「建築の研究」170号(2005年8月1日発行に寄稿したものである。 別刷りより)      

 
 
 
 
 
 
 
 多胡家住宅について
                             和田 嘉宥 (米子高等専門学校教授
                                日本建築学会 正会員
                                        日本建築学会中国支部研究報告第23号 平成12年3月